ページの先頭です

ファンドランキング

順位基準:2016年12月1日~2016年12月31日/データ:2017年1月18日現在

    基準価額
(円)
基準価額
前日比(円)
騰落率
前日比
純資産総額
(百万円)
直近
分配金
(円)
1位 通貨選択型Jリート・ファンド(毎月分配型) ブラジルレアルコース 6,412 -373 -5.50% 80,306 210
2位 みずほUSハイイールドオープンBコース(為替ヘッジなし) 5,955 -68 -1.13% 108,438 100
3位 MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型) 【ビルオーナー】 10,190 +31 +0.31% 186,693 50
4位 MHAM株式インデックスファンド225 3,474 +14 +0.40% 151,898 15
5位 みずほ豪ドル債券ファンド 【コアラの森】 6,166 -5 -0.08% 117,951 60
6位 米国ハイイールド債券ファンド ブラジルレアルコース 4,285 -63 -1.45% 35,905 100
7位 みずほUSハイイールドオープンAコース(為替ヘッジあり) 6,832 0 0.00% 37,244 30
8位 みずほ J-REIT ファンド 9,611 +30 +0.31% 89,101 40
9位 MHAM J-REITアクティブオープン毎月決算コース 【物件満彩】 9,533 +29 +0.31% 53,930 35
10位 通貨選択型Jリート・ファンド(毎月分配型) 豪ドルコース 9,487 -419 -4.23% 20,223 230
11位 通貨選択型Jリート・ファンド(毎月分配型) 米ドルコース 13,513 -635 -4.49% 23,922 270
12位 通貨選択型Jリート・ファンド(毎月分配型) 円コース 11,767 -286 -2.37% 21,758 170
13位 MHAM豪ドル債券ファンド(毎月決算型) 6,080 -4 -0.07% 86,023 60
14位 MHAM Jリートアクティブファンド(毎月決算型) 【Jインカム】 11,873 +36 +0.30% 11,528 80
15位 MHAM J-REITアクティブオープン年1回決算コース 【物件満彩(年1回決算コース)】 14,579 +45 +0.31% 8,452 0
16位 MHAM米国好配当株式ファンド(毎月決算型)為替ヘッジなし 【ゴールデンルーキー】 9,920 -141 -1.40% 19,281 50
17位 米国ハイイールド債券ファンド 米ドルコース 8,595 -134 -1.54% 13,582 150
18位 MHAM J-REITインデックスファンド(年1回決算型) 【ビルオーナー(年1回決算型)】 13,566 +42 +0.31% 8,749 0
19位 MHAM物価連動国債ファンド 【未来予想】 11,332 -5 -0.04% 42,624 0
20位 先進国投資適格債券ファンド(為替ヘッジあり) 【マイワルツ】 9,347 +24 +0.26% 8,654 105

※各ランキングの抽出対象範囲は、旧みずほ投信投資顧問株式会社が取扱う全ての投資信託です。なお、MRF等一部の投資信託は除外しています。

  • 当ページの記載内容の対象範囲は、原則として旧みずほ投信投資顧問株式会社の情報のみとしております。
  • 本ウェブサイトは、アセットマネジメントOne株式会社(以下、当社といいます。)が投資家のみなさまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。
  • 本ウェブサイトは、法令に基づく開示書類ではありません。
  • 本ウェブサイトの作成にあたり、当社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 本ウェブサイトに掲載されている当社の見通し、予測、予想、意見等(以下、見通し等)は、各々掲載時点のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。
  • 本ウェブサイトに記載した当社の見通し等は、将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。
  • 投資信託は、主に国内外の株式、公社債および不動産投資信託証券などの値動きのある証券等(外貨建資産に投資する場合には為替変動リスクもあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、元金が保証されているものではなく、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動等を要因として、基準価額の下落により損失が生じ、投資元金を割り込むことがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託ごとに投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、お申込みの際は投資信託説明書(交付目論見書)の内容をよくお読みください。
  • 投資信託は、預金商品、保険商品ではなく、預金保険、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。登録金融機関が取り扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。投資信託の設定・運用は、投資信託委託会社が行います。
ページの先頭へ